筋トレをすると体重が増える!太った!を科学してみた

筋トレしてます?

筋肉を大きくすると基礎代謝があがってダイエットに良い!とか、引き締まった体は見た目もカッコ良かったり、筋トレは成長ホルモンをビンビンに出すのでアンチエイジングにも!もっと言えばロコモシンドローム防止も大いに役立ちます。

私の場合、ダイエット効果と見た目を狙って自重トレーニングをしています。(習慣にしたいのですがなかなか・・・)

体重を落としたくて実践している筋トレなのですが、翌日体重計に乗ると・・・体重が増えていませんか?

前から気にはなっていたんです。

ロードバイクにも乗らず、筋トレもしない期間が続くとなぜか体重が落ち始める。

でもね~、海に行った時、己の醜いポッコリお腹を見ちゃうと筋トレしないと!と、思うのです。で、また始める。筋トレが終わった身体は心地よい筋肉痛。若干バンプアップしたかのような自分にちょっぴり満足。

7e410cf91919c3cab382d6daa4f55454_m

が!

翌日の朝!

体重計に乗ると1㎏とか2㎏、いや酷い時には3㎏も体重が増えている・・・。筋トレをしたのに・・・。気になったのでいろいろと調べてみました。すると、キーワードとして浮かび上がったのが

水分

どうやら筋トレで傷んだ筋線維は「水分を溜め込みやすい状態」になっているそうなんです。また、傷んだ筋線維に水分が蓄えられて浮腫んでいる状態とも言われています。

脂肪で体重が増えているのではなかった!水分で体重が一時的に増えていたんですね。一時的に体重が増えるんだ!と肝に銘じておきましょう。トレーニング期間は三カ月。三カ月マジメにトレーニングをすると身体は見事に変化してきます。実際、私も真剣に自重トレーニングを続けたらスーツの上着のサイズが変わった経験があります。

とりあえずホッとしました。

目指すは細マッチョ!

2年前、私が細マッチョになれた教材がこれ↓

■「見た目重視」の肉体改造プログラム